【有酸素運動】ウォーキングで健康的に英語学習をしよう!

【有酸素運動】ウォーキングで健康的に英語学習をしよう!

健康的に英語学習ができればいいですよね?そんなあなたにメリットが多い学習法があります。

運動と勉強って両立しなさそうですがウォーキングなら激しい運動ではないので両立できます。

今回はウォーキングしながら英語学習する方法を紹介します。

 

そもそもウォーキングって何?

健康維持のための歩行運動、散歩や歩く事です。

今回、少し調べてみて知ったのですが、ウォーキングってスポーツなんですね。

しかも日本で最も人数が多いスポーツで2000万人以上と言われています。

ウォーキングのメリット

1 激しい運動ではなく、いつでもどこでも手軽にできる。

2 有酸素運動で十分に酸素を取り込み脂肪燃焼し、生活習慣病を予防する。

3 脳にたくさんの酸素を送り、脳を活性化させるので学習効率が上がる。

ウォーキングのデメリット

あまりデメリットがない気がします、競技人口が多いのがわかりますね。

1 やりすぎると、体を壊すことがある。

正しいウォーキングのやり方

やり始めは無理をせず、間違ったフォームでウォーキングしないようにしましょう。

1 まっすぐ立ち、あごを引いて、小学校の時の「気をつけ」の姿勢を取る。

2 かかとから足を下ろし、つま先で蹴り出して歩く。

3 できるだけ大きく歩幅を取り、少し速く歩くようにする。(最初はあまり気にせず、ゆっくり歩きましょう。)

4 肩の力を抜き、腕を無理せず引いて振るようにする。

ウォーキングで英語学習

ここまで紹介したウォーキングと英語学習を組み合わせます。

ウォーキングのリスニング学習

とても簡単な一石二鳥のリスニング学習方法です。

自分が学習したい物をウォーキングしている間に聞きます。

人がいなければシャドーイングをして効率アップしましょう。

※シャドーイングは聞いた英文を少し遅れて発声していく学習法です。

ウォーキングの英単語学習

ウォーキングしている間に見た物を英単語で思い出していく方法です。

自宅を出てすぐに見たものを英単語化していって分からない単語はちょっと手間ですがスマホ等にメモしていきます。

同じウォーキングコースを通っていれば確実に覚えられる方法です、基本的な英単語を覚える時にはとてもおすすめします。

全部覚えてしまったら違うコースを歩きましょう、また違う単語を覚えられます。

ウォーキングのフレーズ学習

英単語学習を発展させた物です、ウォーキング中に見た英単語でフレーズを作っていきます。

I am taking a walk with my dog.

私は犬と散歩しています。

I can see Tokyo Skytree in the distance.

私は遠くに東京スカイツリーを見ることができます。

まずは簡単な英文を作っていきましょう、ずっと続けていけば効果があります。

どんどん新しい文法を取り入れていけば使えるフレーズが増えていきます。

とはいえ間違って覚えたらもったいないので、疑問に思ったら調べるようにしましょう。

ウォーキングで健康的に英語学習しようのまとめ

ウォーキングと英語学習を組み合わせて、習慣化できればたくさんのメリットがあります。

私も実際にウォーキングしながらフレーズ学習をやっています。

ぜひウォーキングで英語学習をやってみてください。