【英語学習】私が実際に体験した脱初心者までの勉強法

           
  • [投稿日] 2018.08.31
  • [最終更新日] 2018.09.04
  • 初心者脱出
【英語学習】私が実際に体験した脱初心者までの勉強法

英語ができればいいなー、とは思っても難しそうだし、新しい事を始めるのはやっぱり腰が重いです。更に英語上達していく過程で初心者の時代は何を勉強したらいいのか解らないし、覚えることもたくさんあるので、心が折れがちです。

そこで私が実際に体験した勉強法で脱初心者を目指そうという記事です。

いろいろ考えた事や失敗、買った教材や自分なりの勉強法を紹介していきます。

いくつかの記事に分けて書いて行きますね。

脱初心者するための英語学習心構え

現状を知り動機と目標を考えよう

まず自分の今現在の実力を知ろう。実力が伴っていないのに難しい教材をやることは挫折する原因になるし、理解ができない事を学ぶのは効率が悪いです。

比較的簡単だと思える自分に合った教材を選択しましょう、教材を終わらせる達成感を感じましょう。

後で話しますが難しい教材で私も失敗しました、よく考えましょう。

私の英語勉強始める前のTOEICテストの点数は確か300点後半ぐらいでした。当時初めて友達と試験を受けに行き、リスニングをほとんどやったことがなく呪文にしか聞こえない程の英語力でした、少しは勉強したんですけどね。

そのまま特に英語を使う必要もなく、だらだらいつもの日常を過ごしてきて、ある時にたまたまプログラミングを学ぼうと興味がわき、入門書などを読んでいると当たり前のように英語が出てくるじゃないですか、その時に先に英語を勉強した方が上達するのが早いのでは?と感じました、これが私の学習しようと思った動機です。

自分にとって当時の英語学習の目標はプログラミングの向上です。

本気で何かを勉強する時は自分の中にある動機と目標を徹底的に考えましょう、この作業はとても大事です。ここでの理由付けは学習成功するかしないか分けるぐらい重要です。

個人的な意見ですが、英語は道具です。英語を上達するために学習するのではなく、やりたい事や目的を達成するために学習しましょう。

簡単にまとめます。

1 自分の英語の実力を知ろう → 実力を間違えると挫折する原因になるし、効率が悪い。

2 動機や目標を明確にしよう → やる気を維持するため。

上記の動機や目標の考えは【初心者必見】英語学習やりたくない時の4つの考え方の1つめの考え方も参考にしてください。

 

どうやって英語を勉強するか情報収集

初心者の頃はどう勉強すればいいのかわからないのでどうしても学習効率が悪くなります、英語ができる人に習いに行くのが、おそらく効率はいいはずです。

ですが私は独学を選択しました、理由は英語上達完全マップというウェブサイトがあり、とても分かりやすく学習法が書いてあり信頼でき、自分でやってみたいと思ったからです。役に立つ考え方がたくさん書いてあります、参考にしてください。

一応、本も出ていますがウェブサイトで十分だと思います。

私なりにいろいろな英語のウェブサイトを参考にした結果、まず最初に中学英語の復習をやりつつ発音をやり、それからリスニングとスピーキングと高校の文法をやろうと計画を立てました。

その計画が甘い事に教材を買ってから気付きました。リスニングとスピーキングの負荷が予想外に強すぎて苦痛を感じましたし、予定よりも明らかに時間がかかりました。

なかなか計画通りに物事が進まないので修正しつつ臨機応変に対応しましょう。

先程書いた見出し「現状を知り動機と目標を考えよう」の最初の部分(挫折する原因)はこの経験から来ています。

まとめです。

1 初心者の頃は効率のいい学習方法がわからない → 英語できる人に習いにいくか、もし独学を選択したなら徹底的に参考にできる学習法を本やウェブサイトなどで探しましょう。

2 最初に取り組む教材の学習目標を立てる → これは効率のためにです、後に修正が必要になると思うのでおおまかにでいいと思います。

自分で考えるのがめんどくさい方は私が紹介する学習方法をやってみてください。

脱初心者英語学習法のまとめ

今回の脱初心者の英語学習する心構え編はここまでです。

実は勉強する前から英語学習が成功するかしないか決まってしまう要素があります、目的を明らかにしましょう。

どうにか脱初心者まで到達できれば自分なりの感覚で教材や学習法を選択できるようになります、そこまで導けるように私も努力していきます。

私の失敗からあなたがより良く学んで行く記事を書いていきます、私の経験をぜひ活かしてください。

続きです、【体験談】目指せ脱初心者まずやることは発音と中学文法だ!